減薬指導と寮による24時間指導の発達障がい学習塾ギフテッド

メディア掲載

テレビ・新聞で紹介されました

2012年6月9日 テレビ西日本

土曜NEWSファイル CUBU 2012年6月9日 放送分    
特別支援教育についてさまざまな議論が持ち上がる中、できない事をできるようになるための特別支援教育と、対して、発達障がい児が持つ才能に着目している発達障がい学習塾ギフテッド、そして発達障害児の支援が大きな課題となっている中、この相対する教育方針をいかに考えるかというとらえ方で報道がなされました。
画像の説明

画像の説明
発達障がい児に周りが過保護になりすぎて、成人した時にやっていけるのか?1人で生きていけるのか不安であるという親の会の方の意見がありました。

画像の説明
「知的におくれのない発達障がいの子供たちは全国に68万人...」

画像の説明
「発達障害は脳の情報処理に偏りがある
ところからくる障害ですので
目で見てする分かるほど簡単ではない…」

画像の説明
「学校によって差がある..目に見えない障害だから、様々なアセスメント(観察)査定が必要…一見軽くみえても情報をきちんと集めて実態把握をするという事がけっこう難しい」

画像の説明
画像の説明

画像の説明
「成功体験や失敗体験をしているので
社会に出ても動じない」

画像の説明
そして、苦手なところはあるけれどそこをカバーできれば、発達障がい児は才能ゆたかな金の卵なんだとして、諦めないで!お父さん、お母さんと訴える当塾の下津浦 陽子先生が紹介されました。
画像の説明
画像の説明
「できない事をできるようにする
それに重きを置いているように感じます」(平均化)

画像の説明
ギフテッド教育が定着している海外ではLDサポートセンターが進学校にあるのです。
※日本以外のほとんどの先進国にはギフテッド教育があります。アメリカでは200万人ものギフテッド達が特別教育を受けています。

画像の説明
画像の説明

画像の説明
画像の説明
イギリス Millfield Preparatory School
小学校4年生時の下津浦 瑛児 君
画像の説明
画像の説明
画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明
子供にとってどの環境が良いのかについての答えは簡単には出ません、大切なのは、選択する道がひとつでも多く存在する事ではないでしょうか。

画像の説明

画像の説明
「なるべく平均化したような教育をつけるのと、
個性を伸ばすというのと、どっちかだけが正しいという事はない。本人、親御さんが、うちはこっち、と選べる選択肢が、どの段階でも用意されているような状態というのが一番大事なのかなと思います。」
「現場では指導する先生が足らないといわれているが?」
「(ギフテッドのような教育システムは)かなり特殊な専門性が高いメソッドとテクニックが必要…なかなか単純に数を増やすという事は難しいだろう…」





2008年5月1日付 西日本新聞

当塾の前身「Team Gifted」が紹介されました。
※新聞掲載の入学金授業料などは現在のものではありません、ご注意ください。現在の入学金・授業料はこちら⇒

GIFTED新聞記事20080501




2008年5月8日付 西日本新聞

当塾の前身「Team Gifted」が紹介されました。
※新聞掲載の入学金授業料などは現在のものではありません、ご注意ください。現在の入学金・授業料はこちら⇒
GIFTED新聞記事20080513


電話番号092-725-2990

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional