Messageメッセージ

挨拶 「”死にたい”
 とまで思い詰めた息子に
 居場所を見つけてやりたい」
代表あいさつ 校長下津浦陽子
私の息子は2004年、小学1年生の時にディスレクシア・アスペルガー症候群と診断されました。
教科書が読めず、級友にいじめられ、「僕はバカだ」という思いから抜け出せずにいた息子に、学ぶ楽しさ、友を持つ喜びを知ってほしいーーそんな思いが、GIFTEDの原点となりました。

息子を留学させる決意を固めたのは、国内のディスレクシアを巡る教育に満足できなかったからです。
「死にたい」とまで思い詰めた息子に居場所を見つけてやりたいと、わらをもすがる思いで参加させたスイスのサマーキャンプに、発達障害支援の専門家が参加していたことが、突破口となりました。
視野を海外に広げると、欧米では早くから理論に基づいた教育プログラムが整備され、子どもたちに豊かな可能性が開けていることを知りました。
留学先を選ぶため何校も視察し、教員や保護者と交流することで得た情報を、息子と同じ境遇で悩んでいる子どもやその親の役に立てたいと、留学のノウハウを伝える活動を始めたのが2008年のことです。

やがて「学校で授業についていけない」「不登校で勉強ができない」という多くの深刻な相談が寄せられるようになりました。そうした声に少しでも応えたいと、留学支援に加え学習支援にも力を入れるようになり、現在は留学、復学、国内進学、芸術奨励、職人・エンジニア育成等、個性に応じた学習支援を行っています。

「足りないのは、能力ではなく適切なアプローチ」

ここに連れてこられる子どもは、例外なく、「自分はダメなんだ」という思いでボロボロに傷ついています。
そして多くの親は、どうしたらいいか分からず混乱し、子どもを理解できないという罪の意識に疲れ果て、将来に絶望しています。

しかし、子どもたちに最も不足しているのは、能力ではなく、適切なアプローチです。
学習方法が合えば、学力は伸びます。
そして「自分もやればできるんだ」という自信は、必ず子どもたちを変えます。

「1人1人の個性を見極める」

GIFTEDのスタッフは、最新の発達障害を巡る研究の動向に関心を持ち、海外校に教師を派遣したり専門家を招いたりすることで、様々な指導法を学び、日々実践しています。
とりわけ重視しているのは、生徒1人1人の個性を見極めることです。

「”普通の子ども”に近づけることではありません」

GIFTEDの目標は、生徒のレベルを「普通の子ども」に近づけることではありません。
生徒の持つ才能を、最大限に伸ばすことで、生徒の可能性をより広げる。
どの子にも、必ず秀でた能力があります。
それは分かりやすくいえば計算能力だったり、絵画だったり、音楽だったり、子どもによって様々ですが、それを見つけ、大きく育てることが、子どもの能力全体を高めることにつながるのです。

時間がかかることもあります。
たとえば同じディスレクシアの子どもでも、文字の「覚え方」は1人1人違うからです。
正しい方法にたどり着くまで、試行錯誤を繰り返しますが、その方法は必ず見つかります。

子どもたちの変化ほど、私を奮い立たせるものはありません。

「奥底ではつながりを求めている」

難しいのは、子どもとの間に信頼関係を築くことです。
学校や家庭で問題児扱いされた子どもは、「もうこれ以上傷つきたくない」と、心を閉ざしてしまいがちです。
一度閉じられた心を、もう1度開いてもらうには、地道な努力と相当の我慢強さが必要です。
しかし、私たちは決してあきらめません。
どんなに反発心の強い子であっても、どんなにコミュニケーションが苦手な子であっても、心の奥底では、他人とのつながりを強く求めていると知っているからです。

スタッフと気持ちが通じ合った時、子どもたちは社会との接点を見いだします。
そして、自立へ向けた勇気ある1歩を踏み出します。

ここで学ぶ子どもたちは、これからの長い人生、何度も困難にぶつかるでしょう。
しかし、自分が抱える問題に立ち向かいそれを乗り越えたという経験は、子どもたちの心を強くします。
そして若くして味わった苦しみは、彼らの人間性を豊かにします。

その強さと豊かさは、きっと彼らの将来を希望あふれる光で照らすでしょう。
晴れやかにここから送りだす日まで、GIFTEDはそのお手伝いをしたいと思っています。
トップへ戻る